BLOGブログ

2017年05月07日

【ベンツ】これが限界と言われたヘッドライトの限界を超えてみたい

ブログ ヘッドライトクリーニング

こんにちはコダマックスです。



国産車も輸入車も1台あったとしたら同じ状態のクルマが他にも相当あると思っていいのがヘッドライトの黄ばみです。

この症状にもいくつかに分類されるんですが、輸入車の磨き難度は国産車よりも高めです。

 

何が違うのかというと。



ズバリ、硬さです。

国産車とは明らかに違う劣化の仕方があります。

このCLSの場合は国産車に近い状態。

ガサガサ状態のものは時間も労力もかかります。



とは言ってもヘッドライトの劣化は、こうして角度をつけるとその状態が判るようになります。画像では先程より白くなって見えますがレンズ自体に白いマダラ模様が浮いていうからなんです。

しばらく放置するとこのマダラの劣化が進み、剥がれて段差が出来るまでになります。段が出来るという事が輸入車の特徴の1つと言えると思います。



白と黒のコントラストがくっきり識別できるように復活したと思いません?

 



高級なクルマほど印象の良し悪しがはっきり出ますよね。



もしかしたら、比較対象物が無かったら気にならないかもしれない。

だから、結果が伴わないものだと依頼することに歯止めをかけてしまう。



皆さんに、お伝えしています。

実物は画像よりキレイですよ!(^^)/

10,000円(税別)でできるマーベラス体験は価値があると思います。

キリッと締まりました!



個人的にCLS、大好きです(^^)/

明るさが足りない撮影状況下でも差が出てるのわかります?

上が施工前です。





ご依頼ありがとうございました。
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163