BLOGブログ

2019年08月01日

【ボルボ】輸入車の価値を引き上げるヘッドライト磨き

ヘッドライトの黄ばみ

IMG 5828 - 【ボルボ】輸入車の価値を引き上げるヘッドライト磨き
輸入車って買うときに高くて売るときに安い。

または、車両価格が安い理由にメンテナンス費用がかかるなど国産とは違う理由で価格設定がなされていますよね。

 

中古車を売り買いするときに少しでもその価値を上げたい。ほとんどの人がそう思うはず。

今回は3台のボルボを掲載しますが、長年所有の方、少し前に購入された方、最近購入された方と様々。



XC70の特徴的な症状です。

V70も同様な劣化状態をよく見ますが、これまで施工した70シリーズは

全てクリアになった実績があります。



正直、このライトがクリアになるなんて信じがたいでしょうけど(^^;)



車検などで照度不足ってことを指摘されるかもしれない状態。



内部の構造すら良くわからないですが、根気よく地道に施工していきます。



ライト点灯した時なんてやっぱり恥ずかしい・・・

そんなお悩みも解消しましょう。



周辺を養生して開始です。

角度をつけるて見ると、ほぼ煙幕状態です(^^;)

このボルボの磨きは下地処理がとても重要で削る番手を間違えると、大変なことになってしまいます。

車種やメーカーによって傾向があるので的確な見極めと経験が必要ですので

見よう見まねでは難しいでしょう。



クリアになると造形美が一気に現れその立体感に感動します。



ヘッドライトは車の顔の中でも特に重要な目の部分と同じ。

ここがクリアになることで一変します。



 

外車だから断られた、外車だから施工料金がすごく高い、部品交換しかないと言われた。

そんなことが多い外車のヘッドライト磨きですが、低料金でもこのクォリティーは可能です。



ライトを点灯しても余計、劣化が目立つので、夜乗るのが恥ずかしい・・・(>_<)

お悩みも解消です。

 

 



ライトとしての機能も回復ですね。





味のあるスタイルが魅力のXC70ですが、このライトの劣化を機に手放す方も多いかもしれません。

是非、当店のヘッドライトクリーニングで復活を遂げてはいかがでしょうか(^^)/



続いてはV60です。



60シリーズはSUVのXC60もありますが

劣化の症状は同じで小さくザラザラと削れるのが特徴です。

ボルボ全体に言えることですが、市販品では解決できませんね。





決して黄ばむことはなく単純にクリアがザラザラしていきます。





パッと見、黄ばんでいない分、気にすることもないように感じますが

磨いた後と比較するとその差は歴然です。







クリアな色味は太陽光を浴びるとさらに輝きを増すことでしょう。



中古で購入されてすぐ当店にて施工となりました。

なかなか販売店では施工してくれないようです。



 

次のクルマもV60です。



この型になってレーダー機能が装備されて安全性が高まり

とても魅力的な1台だと思います(^^)/







先ほどのV60よりも劣化が進行している感じです。





 

削って下地を整えて磨く。

これが基本です。





スケスケになっちゃいました(#^^#)





そんなに流通台数が多いとは言えないボルボであっても

短い期間に3台の入庫がありました。

ご紹介しきれないほどの入庫がありますがなるべく掲載して

施工事例としてお伝えしていきたいと思います。



輸入車 16,200円(税込) 施工時間 1時間半~2時間

 

ご依頼、ありがとうございました。

 

【あわせて読んでほしい記事】

【V70】視界良好なヘッドライトで新年のスタートを決める



あらためて愛車と向き合うヘッドライト磨きの起死回生の一撃



 

 
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163