BLOGブログ

2019年03月16日

【フォレスター】SG型の黄ばんだヘッドライトを磨いてみよう

ヘッドライトの黄ばみ

文末に施工料金変更のお知らせがあります。

フォレスターといえばSG/SF型などは海外では高い走破性でいまだに人気があって

腰高になったSHより好む方も多いと聞きます。

このSG型は2005年から、その2年後発でSTI仕様が販売なのですが

かなり劣化していても不思議ではありません。

 



 

この角度から見た向かって右側の黄色っぷりが尋常ではありません(>_<)

 





縦に筋状の汚れが落ちれば激変しそうですが、



 

 



でも、キラキラした内部のクラックがあまり見えないので

レンズの変色さえなければ意外といけるかも(^^)

 

番手をいつもより落としてスタート。

 

その分ちょっと時間かかりましたけど





 

 

レンズの下に筋状のクラックが見えますがその奥のブラックが鮮明に立体感を演出しているので気にならない。

 

ヘッドライトは黄ばみだけではなく、このクラックが多いと印象に差が出ます。



心配された反対側は



 



リフレクターもしっかり反射して眼光鋭くなりました(^^♪

 



SGフォレスターでキレイなヘッドライトというだけで目立ちます。

この後に出たSH型よりきれいになってしまうパターンもあると思います。

ライト形状による紫外線の照射具合ですね。



 

 

そうとう印象が変わりました。

激変です(^^)/

 

ご依頼ありがとうございました。

お知らせ-施工料金の変更-


2019年4月1日 受付分より輸入車の施工料金を値上げさせて頂くこととなりました。

これまで当店のヘッドライトクリーニングを広く知っていただけるよう低料金で施工してきましたが

おかげさまで、多くのお客様から高い評価を頂くことができました。

同一料金でサービスさせて頂きましたが、時間もかかり工程数も増える輸入車の施工は値上げせざるを得ません。

どうぞご理解の程、宜しくお願いいたします。

尚、国産車の料金は変わりませんが、2回目以降の割引料金は廃止させていただきます。

(2019年3月31日までに施工の方は従来の割引はそのまま適用されます。)

2019年4月1日より

国産車10,800円 輸入車16,800円 税込
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163