BLOGブログ

2021年08月05日

【210サーフ】【フォレスター】世界に通用するタフなSUVのヘッドライト磨き

ヘッドライトの黄ばみ

IMG 3227 1 - 【210サーフ】【フォレスター】世界に通用するタフなSUVのヘッドライト磨き
人気のSUVもちょっと前まではクロカン4駆とも言われてどちらかといえば

悪路やサーファーなど特化したユーザー向けでしたが

街乗りに比重を置くようにしたことで正統派4駆は影を潜めるようになってしまいました。

 

サーフが絶大な人気を誇っていた時代が懐かしいなぁ。



皮肉にもハリアーがきっかけと言われていますのでそこはトヨタの先見性がすばらしいのかもしれませんね。



ライトは古いからダメということではなく劣化の状態が全てです。

単なる黄ばみとクラックや変色を伴うものとでは仕上がりに差が出てきます。

当たり前といえば当たり前ですけど・・・。



例えば屋外駐車じゃなかったり、駐車向きがよかったり、マンションの立体だったり

奇跡的な状態の車があるのも確か。



HIDのバルブは熱による焼けも出がちですが

このサーフは黄ばみはあったけどそれ程、ダメージはなかったです。



それなりな経年劣化はあるにせよ、効果の出ない市販品で時間をかけて時間を浪費するより

よっぽど意味があると思います。



レンズを加工しているものは効果が出にくいですが純正であれば

期待してもいいのではないでしょうか。

ご依頼ありがとうございました。

 

次はスバル フォレスターです。



フォレスターは2代目で、前期型になるのかな。

その辺、あんまり詳しくないんですがこの型は世界でも有名な走破性でYouTubeに多く登場します。

さっきハリアーの話をしましたが、このフォレスターもオン・オフ両方に生かせる仕様になっていると

思うのでこちらも上手なパッケージだと思います。



調べたら初期型はハリアーと同年で、フォレスターのほうが半年ほど前に発売していたんですね。

高級志向で売り出したハリアーは全世界に飛び火したわけですが、このフォレスターだって魅力的な水平対向エンジン積んで

十分魅力的ですよね。



こちらのおクルマはMT車で楽しく乗れる車を探してたどり着いたのがこのフォレスター。

わかります、わかります。

4駆+ターボ+MT+水平対向

海外人気あるわけですよね。

レガシィもそうですが年々ボクサーサウンドが無くなってきましたが

このモデルは音でも楽しめます。



このレンズはとても良い状態で表面の黄ばみを取ったらピカピカのレンズになりました。



クラックも少ない透明度は印象が一新します。

ボディ状態もいいのでものすごく変わりました。



これほどの同型フォレスターは見ないので、ちょっと自慢になるんじゃないでしょうか。

もちろんこの個体を探したオーナーさんの眼力あってこそです。



子供も成長して自分の好きな車を乗れる環境になりそれほど高い車ではないけれど

楽しく運転したいと思っている方が本当に多くいます。

保険料も値上げされてしまうけれどそれを差し引いてもFUNtoDRIVEできれば最高ですよね。

そんな想いに少しでも協力できたことにうれしく思います。

 

思う存分、気持ちよくドライブしてください!

ご依頼ありがとうございました。

【あわせて読んでほしい記事】

【フォレスター】SG型の黄ばんだヘッドライトを磨いてみよう



【サーフ】この車を知らずしてSUVは語れませんのヘッドライト磨き



 

各種カードでのお支払いもできます。


様々な決済方法に対応しております。







 

 

■お問合せ・ご予約は■

カーリペア専門店 コダマックス

https://kodamaxx.com/



埼玉県川口市八幡木3-11-33

048-212-7163

am9:00 ~ pm6:00
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163