BLOGブログ

2020年01月23日

【レガシィ】BM/BR型は遠方からのヘッドライト磨き

ヘッドライトの黄ばみ

レガシィのこの型は、とっても黄ばみやすくてキレイになりにくいライト。

手をやいているオーナーさんが多いことは十分に理解しております。

 

だって、いっぱいやったから(^^;)

黄ばんだ汚れも、良化したライトも、どっちも画像で伝わりにくい。

 

オーナーさんのほとんどが様々な方法でチャレンジしてきたものばかり。

そんな方々の思いに応えるべく施工してきました。

お客様は一様に満足されて喜んでお帰りになりますが、高いクオリティを目指すとこのレンズの限界値に失望しちゃうのです。

このレンズはホントに難しいレンズです。

 

とは言え、今回続けざまに遠路はるばる来ていただいて同じように満足され、施工ブログで発信してほしいと切望されましたので

今回UPします(#^^#)

まずはセダンのレガシィから。

スバルの地元、群馬から。



黄ばみが伝わりにくいクルマも

ブログ的によろしくないんですが。





このライトは結露も発生してしまうのでキレイになると、見えなかった内側のシミが分かるようになります。



要するにそれが表面がキレイになった証なんだけどね。



 

微妙に突起していたり、曲面だったりするので本当に難しい。

カーショップで成果が出ないのも理解できます。

何軒も渡り歩いて遠くまでくることに決心してくれたことに、変化なしで帰すわけにはいきません(>_<)

 



 





 

内部クラックが存在している上部は透明度に影響を与えますね。



 



すごく喜んでくれたオーナーさん。





ご依頼ありがとうございました。

 

次はワゴンの方です。



遠路からありがとうございます!!

長野県からは2人目のご来店になりますかね。



黄ばみもありますが全体的にボヤケてる印象。



先ほどのレガシィよりクラックが少ないのでこちらの方が仕上がりがイイかもしれない。

 





完全にレンズが上を向いているデザインなので紫外線をまともに受けてしまう。



でもね、日産フェアレディZ(33)も全開上向いてますけど、

ちゃんとキレイになりますからレンズの質なんでしょうね。

どうもトヨタと組んだあたりから怪しくなってきたするんだよね(-_-)

レガシィだってこの前の型はイイ反応しますからね!

 

こんな感じになりました。

少ないながらもクラックが見えます。





内部の複雑な造形が分かるようになりました。



中に結露が出てそれが垂れて筋状のシミを作ることが多いこのレガシィは

施工前は水滴が内部に付着していたほど。



気がいていくと熱を持ってくるので施工後には水滴もなくなっていましたが

今後はその気密性の無さが透明度に影響してくるかもしれません。

 





遠くから来た甲斐がありました!

 

そう言っていただけてさらに、ブログで伝えた方がいいですよと

すすめていただきました。 画像で伝える難しさはありますが流してしまう動画より

リアルに伝わるのは確か。



なぜ静画にこだわるのか、それは正確に伝えたいからなのです。

 

クルマによって成果に差があるライト磨きですが

それでも確実にいい方向へと進みますので諦めていた方も

是非、お問い合わせください。



遠方からのご依頼、本当にありがとうございました。

 

【あわせて読んでほしい記事】

ヘッドライトクリーニング



【フォレスター】SG型の黄ばんだヘッドライトを磨いてみよう



【涙目インプ】新品と同じ様にとライト磨きを期待された結果



 

 

各種カードでのお支払いもできます。


様々な決済方法に対応しております。







 

 

■お問合せ・ご予約は■

カーリペア専門店 コダマックス

https://kodamaxx.com/



埼玉県川口市八幡木3-11-33

048-212-7163

am9:00 ~ pm7:00
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163