BLOGブログ

2018年10月26日

ヘッドライトクリーニング

ヘッドライトクリーニング

お知らせ-施工料金の変更-


2019年4月1日 受付分より輸入車の施工料金を値上げさせて頂くこととなりました。

これまで当店のヘッドライトクリーニングを広く知っていただけるよう低料金で施工してきましたが

おかげさまで、多くのお客様から高い評価を頂くことができました。

同一料金でサービスさせて頂きましたが、時間もかかり工程数も増える輸入車の施工は値上げせざるを得ません。

どうぞご理解の程、宜しくお願いいたします。

尚、国産車の料金は変わりませんが、2回目以降の割引料金は廃止させていただきます。

(2019年3月31日までに施工の方は従来の割引はそのまま適用されます。)

2019年4月1日より

国産車10,800円 輸入車16,800円 税込

 

今まで成果が出なかった多くのお客様に満足頂いています。


 

施工料金 


2019年3月31日ご予約分まで 


左右セット10,800円(税込) 


 (片側のみは6,720円(税込)


 

 ※現在こちらのメニューはご来店のみの施工となります。


一度施工されれば、次回は期間制限なしで7,000円(税別)です。

 

 

 

 

施工時間 1時間~1時間30分

当店はヘッドライトスチーマーの施工店ではありません。 

 

施工事例は下へ⇓

 

試行錯誤の連続からでた結論


なぜ、このクオリティーでこの価格が実現できるのかというと、個人経営であることがいえます。

扱うそれぞれの商材アイテム原価からするととてもこの料金で提供することは難しいのが現実です。

そして、当店が使う商材は一般には市販されることのないメーカーや独自に仕入れた溶剤や資材を使っている関東圏でも希有な施工店です。

 

できるだけ料金を抑えた中でどれだけ質の高いコストパフォーマンスを出せるか、試行錯誤のなかでこうしてメニューとして導入しています。

 

黄ばみ始めるとそこからは早い


 

 

まだ平気かな。

そう思ったということは劣化に気付いているという事。

 

例えて言うと、0から10レベルの度合いがあるとしてレンズを磨くことで10戻ることはありません。せいぜい6から8レベル程戻ると思ってください。

それ程、新品のレンズは透明ですしより新車状態に近づけようとするなら早い方がいいということ。

ただ、その6から8が絶大な効果をもたらすのです。





 

 

経年劣化してきますと黄色に変色するばかりかクリア層が剥がれ凹凸になることさえあります。

近年では曇りがひどく著しく照射光量が弱い車は車検にも通らなくなってきたのが実情です。

 

そうは言っても注意してみると、多くの曇りがかったヘッドライトのお車をよく見かけます。

 

頻繁にモデルチェンジする国産車ですので新車時の見栄えばかりに目が行き肝心な維持管理は、

おざなりになっている傾向にあります。

そういったコストダウンにより樹脂製品の多様化で製品寿命の低下に影響が出ているようです。

 

ヘッドライトの曇りはお車の顔となる部分ですので。

きれいになると印象がガラッと変わります。

ですが、意外とそのままで放置してしまう方が何と多い事か。





 

 

コーティングに求めるもの


 

 

施工後の耐久性は誰もが気になるもの。

 

例えば、他店の施工料金3万とかするクリア被膜を固着されるハードタイプ3年耐久ものと、当店の1年程度のガラスコーテイングならば、どっちがいいのか。

お客様の意見はやはり、ちょうどいい金額で繰り返して施工する方がお財布にも優しいという結論でした。

当然、高いクオリティがあってこそですが。

「やってよかった」、「もっと早くやればよかった」、その声こそがこのメニューの存在意義なのだと捉えております。

 

 

 



 

 

クリーニングしない理由ってなんだろう


 

1. やろうと思えば自分でできそうだから

・確かに市販キットで様々なものが出回っていますが業務用のプロ用の溶剤とは比較になりません。

陳列商品は売れるように販売します。しかし我々、施工業者はきれいにするために結果を販売します。

その差は歴然なのです。

 

2. どうせクリーニングやってもすぐ戻るんじゃないの

・いちばん強い皮膜は純正コートです。それと同等のコーティングとなりますと

溶剤の質と塗布の厚み、更には時間をかけることになります。そうなると必然的に大掛かりな施工になり料金も高額です。

 

実用的な範囲での耐久性ならば3年コートとか必要でしょうか?

1年程のサイクルで常にクリア状態を維持する方が価値があると考えます。

 

3. 安価なクリーニングとの違い

・工程とコーティングを省けばできない料金ではありません。はたしてお客様はそれを求めるでしょうか。

しっかりと劣化した皮膜を削り、研磨して磨き上げてからコーティングで保護する。

きちんとした道理にあった工程があるのです。

 

4. 専門店だからできること

基本工程は下地作りに研磨を3工程、仕上げにウールバフ1工程、スポンジバフ1工程の

5つからなる工程のあとガラス系コーティングにて皮膜を作ります。

約1年の耐久性能があります。(保管状況にもよりますので保証するものではありません)

 

5. 料金設定

・様々な磨きのお店がありますが、その料金にバラつきがあるのは工程の数と

溶剤の種類と性能ではないでしょうか。コダマックスではアンケートを実施し

求められる耐久期間などからメーカー様協力のもとコストパフォーマンスの高い

製品を提供して頂きバランスの取れた費用対効果を実現しました。

 

お客様のクチコミをご覧ください。



 

 

【施工例】

(参考ブログ 不安もいっぱい県外者のヘッドライト磨き【神奈川編】)



 

(参考ブログ 【20プリウス】失敗は成功のもとじゃないヘッドライト磨き1)



 

(参考ブログ ホンダ車のライトを磨いてみよう!CR-Z/ストリーム/アコード)



 

ボルボ

(参考ブログ 世界基準の安全性を保つボルボのヘッドライト磨き)



クラウン

(参考ブログ 【200系】状態を見極める自在な技術が仕上がりのカギ)

 





プレマシー

(参考ブログ 【プレマシー】DIYヘッドライト磨きを失敗した勇気ある成功者)





 

(参考ブログ ヘッドライトスチーマーを実際に使ってみたよ)



 

セレナ アテンザワゴン BMW エスティマ

(参考ブログ 【群馬・栃木・茨城】勇気を出してライト磨きに来てみよう!)





 

30プリウス

(※参考ブログ 30プリウスに忍び寄るヘッドライトの劣化傾向とビフォーアフター )





アルファロメオ147 /  GT

(※参考ブログ 視界不良のアルファロメロを救済せよ!【GT/147】)





 

日産GT-R  フェアレディZ34

(※参考ブログ 日産スポーツを牽引する2台のヘッドライト磨き|33GT-R/Z34)





 

施工ブログたっぷりあります!



 

 

 

■お問合せ・ご予約は■

048-212-7163

am9:00 ~ pm7:00
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163