BLOGブログ

2021年09月11日

【35スカイライン】諦めていた黄ばんだヘッドライトをキレイにして気分爽快!

ヘッドライトの黄ばみ

IMG 3780 1 - 【35スカイライン】諦めていた黄ばんだヘッドライトをキレイにして気分爽快!
スカイラインが過渡期を迎えたのがこの35だったと思います。スカイラインだけではなく大きくモデルチェンジした車種がいくつかあった気がするゴーン世代。

当店にも35スカイラインを大事に乗られているオーナー様が複数ご来店されました。アメリカにデントリペアで行ったときには、お世話になったシボレーディーラーのメカニックが35のクーペをMTでカッ飛んで通勤していました。

35はアメリカでも相当数売ったんじゃないでしょうかね。FXという名でクロスオーバーもありましたからスカイラインのイメージは大きく変わりましたがスカイラインの名前はなくなってほしくないのでアリなのかもしれません。



今の現行モデルは37ですので2世代前になる35の発売は2001年からですので初期型ならば20年なんですね。

ボディは塗装もしっかりしていてキレイでしたがこのライトですよね、



経年なりの状態が、より一層時代の経過を感じさせてちょっと残念な印象です。

多くのオーナー様が口々に言う、『古臭く見えちゃうんで。』と言われますが

 

あるお客様はこう言ってました

『黄ばんでると古臭いとかじゃなくて恥ずかしいのよ。好きで乗ってるのに貧乏くさく見えちゃうでしょ』

これは核心をついているなと思いました。

【好きで乗ってる】【恥ずかしい】ここがポイントなんですよね。



古く見えてしまうというのは、本心を言えばやっぱり恥ずかしいんだと思います。

気に入って乗ってる人からしたらこのライトのために買い替えしなきゃいけないのか・・・。てなるわけで。

家庭の事情などでもう少しの間は教育費から解放するまでは我慢だ、という方もいます。

どちらもキレイになったら解決するわけだからやっちゃえばイイと思うんですよね。



結構前からブログ読んで知っていましたというありがたい読者の方も

読んでるだけではキレイになりませんよ(^^)



余計な加工もしない、何かの強い溶剤も使わない、溶かしたりもしないからこそ自然な透明感

それがゆえにある程度のサイクルで繰り返し施工が必要ですが

それでも、このくらいまでキレイになるならまた来ますよ!そう言ってもらうことが多いです。



年式が経過したおクルマだからこそ

キレイなヘッドライトが映えるんじゃないでしょうか

 



実は何も変わっていないのに整形したくらいのインパクトがある

そんなウキウキした気分を味わってはいかがでしょうか。



今回は前回ブログ同様、他のリペアも施工しました。

飛び石でできたヒビの修理です。



飛び石のキズはこのままですと車検にも通りません。

ヘッドライトも最近は黄ばんでると車検に影響がでたりするので

これで何の心配もなく安心できますね。



ガラスリペア 16,500円

ヘッドライトクリーニング 11,000円

 

1時間ちょっとでリフレッシュ完成です!!



ご依頼ありがとうございました。

 

 

【あわせて読んでほしい記事】

【17クラウン】現代に引き継がれる名車のヘッドライトをリフレッシュ



【グロリア】これぞライト磨きの真髄!シンプルな最高のカスタムはヘッドライトにある

コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163