BLOGブログ

2019年03月14日

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 6

アメリカでの現地修理2017 デントリペア

日本にいるときは、直接ツールショップのホームページから購入していた工具は、

送料以外にも関税がかかるのでとっても割高。

 

現地ショップでの購入はこっちに来た時から楽しみにしていたこと。

車で小一時間のところまで行きます。

 

レンタカーは返却してシボレーディーラーから借りたナイスなファミリーカーが僕らの足となり活躍してくれました。

ガソリンスタンドでの給油もすっかり慣れルンルンです(^^)/



 

どこに行っても高層階の建物なんてなくて

 



街道沿いのお店は車やさんや平屋のモールがほとんど。



走ること小一時間。

 

お目当てのツールショップは倉庫の中にあって

外観からは全く分からないようなところにありました。

 

入ってみると、ものすごい品ぞろえ。世界のデントリペア・ブランドを揃えてるだけあって品数が豊富。

デントリペアの工具は、微妙な角度の違いや長さ、太さ、材質と様々な種類があります。

 

ツールは本当に特殊なので

いろんな形や長さがあって見ていて飽きません。

初めて知るブランドもあって、興味をそそる



 

買いたいものいっぱいあったけど、厳選して購入。

ボクは10万円分くらい買ったのかな。



釣り好きのアングラーがショップに入り浸るようなもの。

アプローチやシチュエーションをイメージして選んでいくと

あれもこれも欲しくなる。

 



 

はっきり言って決められない。

そろそろ、お会計して帰りましょ。



 

店員『日本でも雹(ひょう)は降るのかい?』

相方『やっぱり、ハンセンのラリアットがNo,1だね!』

店員『今日はサービスしとくよ。』

 

どうやら、心は通じ合っている様子。

数日後、帰国前に買っておきたいツールを求めて再来店したが

品切れで買えなかった。

世界中から集まるテキサスのツールショップは現地買いするお客が多い為か、すぐ品薄になると言っていた。

この時はまだたくさんあったのに残念。

帰国後、ここで手に取って見たことで日本から安心して買うことができた。

 

ホームセンターにも寄ったりしてちょっとした備品なんかも買い足し



ちゃんとしたラーメン屋で博多ラーメンをすすり



英気を養い明日に備える。

よし、帰ろう!

なーんもないような街を抜け



フリーウェイを使いながら

アメリカを自国のように運転し

郊外の街を疾走して帰る(^^)



明日はシルバラードか・・・。

つづく

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 1

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 2

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 3

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 4

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 5

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 7
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163