BLOGブログ

2019年03月23日

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 8

アメリカでの現地修理2017 デントリペア

アメリカで日本車のデントリペアをするとは思わなかったけど

来てしまえばそのこと自体は不思議なことではなく

周辺の幹線道路を車で走れば国産メーカーの販売店は多く点在している。

 

でも、やっぱりモチベーションとしては・・・ねぇ(^^;)

シボレーでよかったしマツダとの鋼板の違いがハッキリ分かったのはイイ意味で収穫でした。

 

そして今回はNDロードスターなわけですが。

 

外で見た時と違い、中で見ると巣穴のように凹んでました(>_<)



 

アメリカの雹は日本と違い、ボディ全体的に損傷しています。

 

日本の雹は規模の違いからでしょうか、サイド部分はどっちかに凹みが偏るんですが

こちらの雹は全体に多く凹みがあるのが特徴です。

とはいっても今回はルーフが幌なので。

 

甘く見てました(^^;)

ボンネットのボコボコわかります?

この勢いで全体にありました。



ドアは、いいとしてリアのフェンダー周りも

そーとー、大変だった(^^;)





 

限られたツールでの施工は神経を使います



1個2個の凹みではないので

曲面を違和感なく仕上げるのがとっても難しかった。





リアフェンダーの膨らみがムズい



 

トランクを外すことでこの部分も完璧(^^♪



ルーフやピラーがないとはいえ、プーリングも多用する。

 

これまでアメリカで施工したプーリングは何回引っ張ったんだろう・・・。

仕上げた台数がここでの実績なんだろうけど、

終わると次の車が来てのくりかえしだから、わからなくなっちゃう。

 

でも、無数の凹みを引っ張り上げた回数は自分のこれまでを振り返る物差しとして十分なものになったことは確か。

 

何時間も引っ張り続けた最初のころを思い出しながら



その数は徐々に増える中、貯まっていく量を見るたびに車や雰囲気が記憶からよみがえってくる。

 

サイズ感がわからないだろうけど



 

自分の足より大きい入れ物にずっと貯め込んだアメリカでの足跡は

足腰の痛さと、蓄積された疲労に比例して増加の一途だ。

 



 

『こんな経験なかなか出来ないから』と話す相方の腕には

明らかに栄養不良が原因のブツブツが出てきていたけど、

ポジティブに笑い飛ば話せる仲間と共に過ごせた価値ある時間に違いない。



 

何のためにアメリカに行ったのか?


 

必死すぎて狭い視界だったものが徐々に開けていく中で

様々なものが見えるようになっていくと、

あらためて何のために自分はアメリカに来たのかを強く意識するようになっていく。

 



集中しているとどういう状況にいるのか考えることもないけど、

客観的な目線だと上の画像のように1人でデントリペアしている。アメリカで。

 

いつからだろう、

帰国してからこの経験や環境が、大きなスキルとして自分に備ることで

施工を依頼していただいたお客さんに還元できる様にと、

これまでとは思いの方向性が強く変わってきたことに気づく。

 

約1か月いたアメリカで感じた世界観は文章では表現できない。

日本で雹が降ったとの連絡を受けこの後、テキサスから離れ帰国することになるわけですが



 

けっこう無謀な、0か100かのデントリペアだったわけで。

 

アメリカの広い了見の中で成立できたシステムなんだろうけど

それを受け入れて、認めてくれた現地の人や関係した方々感謝して

帰国してから、自分たちそれぞれの仕事で生かしていきたいと思っています。



 

結構、ギリギリな生活をして過ごした今回のアメリカ。

 

最後は近くの小さな町でお土産を買い

ささやかな贅沢をハンバーガーショップで締めて



 

このテキサスという地を目に焼き付け



 

僕らの2017アメリカは終了となる。

 

そして技術を提供する業に就くものとしては、

安心して愛車を預けられるお店として業者選びの選択肢の1つに加えていただけたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

 

たくさんの感想や励ましメールをいただけたこと、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 1

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 2

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 3

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 4

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 5

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 6

2017 アメリカでのデントリペア現地修理 7
コダマックス

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ご予約・お問い合わせはこちら

048-212-7163